今年のオリーブオイルの収穫まで1週間



今年もまた、オリーブオイルの収穫の時期がやってきました。1年に一度しか実をつけないオリーブは、大体9月半ばから10月後半にかけて収穫が始まります。


オリーブは、気温が涼しくなると、実の中にオリーブオイルを作り始め(熟し始め)ます。そのため、イタリアでも、北イタリアでは収穫が早く、その後南イタリアの収穫が始まります。品種によっても、先に熟すものと、11月に入ってから熟す遅い実もあります。


私の農家が育てているコラティーナ種は、どちらかというと遅い実で、通常11月に入ってから収穫が始まります。それでも十分美味しいオリーブオイルはできるのですが、ポリフェノール含有量を多くするため、また高品質なオリーブオイルを作るために、10月上旬(海側)ー中旬(内陸側)ぐらいから収穫を始める農家もいます。


この1週間は、農家にとってとても大切な時期になります。オリーブの熟度を観察しつつ、天気と戦いつつ。というのも、雨が降った翌日は、実の中のオリーブオイル量が少なくなってしまうからです。気温によっても変わります。長いことオリーブオイルを作っている方は、実のテカリ具合、潰した時の感じで、オリーブ含有量がわかるほどですが、初心者の私はまだまだ、その見分けがつかず、毎年、その日の天気と気温、土の状態や木の状態を記録しながら覚えるようにしています。


この秋という季節は厄介で、日本と同じように台風が頻繁にきたり、暑いかと思ったらいきなり寒くなったり、雹が降ったり、湿度が上がり害虫が増えたりと、農家には苦しい時期になります。毎日、天気予報とにらめっこ。収穫日が確定するのも、大抵前日まではわかりません。いつでも戦いに行ける準備を整えておき、「今日だ!」と思う日に収穫する。それまでストレスで眠れない日が続く日もあります。


南イタリアも不思議な天候の日が増えてきました。今までの秋は暖かく、少しづつ寒くなっていったのに、ここ数年、海に行って泳いだかと思えば、次の日は10度なんていうことも多々あります。そんな中、オリーブは力強く耐え、美味しい恵みを作ってくれているのです。


料理に使ったら、はい終わり。通常オリーブオイルの役割はそこまでです。でも、どんな木にも樹齢があるように、どんなオリーブにもストーリーがあります。それを少しづつご紹介していけたらいいなと思います。


Hi, thanks for stopping by!

I'm a paragraph. Click here to add your own text and edit me. I’m a great place for you to tell a story and let your users know a little more about you.

Let the posts
come to you.

Thanks for submitting!

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • Pinterest